大学で学ぶことで診療放射線技師の受験資格を得よう

大学で学ぶことで診療放射線技師の受験資格を得よう

ドクター

診療放射線技師とはどんな仕事か

医師の指示の下、レントゲンやCTの撮影を行う技術士の事を、診療放射線技師と呼びます。また、癌などの放射線治療やRI検査を担当する事もあります。

勉強

大学で診療放射線技術を学ぶには4年かかる

診療放射線技師の試験を受けるには、大学もしくは専門学校を卒業する必要があります。また、その期間が決まっており、大学では4年間を学びます。また、専門学校では全日制と定時制で、学ぶ年数が違うため、注意しましょう。

ウーマン

診療放射線技師は国家資格

診療放射線技師は厚生労働省が認めた国家資格となります。試験資格を得ることで、受験を受けることができますが、受験会場がいくつと決められているため、一番近い会場を調べる必要があります。

名前が似ていても比較することで全く異なる仕事

レントゲンやCTの作業は診療放射線技師の仕事

レントゲンやCT撮影は、基本的に診療放射線技師の仕事になります。医師とともに撮影方法を決めたりすることはありますが、画像の処理などは技師の役目になります。

レントゲンやCT画像の読影を行うのが放射線科医

レントゲンなどで映し出された画像を読影するのは、放射線科医の仕事です。そのため、放射線科医は別名「画像診断医」とも呼ばれています。

広告募集中