柔道整復師とはどんなものか仕事内容を理解しよう

柔道整復師になるのに必要な資格とは

柔道整復師になるためには国家資格を合格する必要があります。柔道整復師としての専門の知識を3年以上学ぶ事が、国家試験を受ける資格と言われています。

違いを比較することで分かる仕事の内容

捻挫や骨折などの応急処置を行うのが柔道整復師

柔道整復師には、医療の資格がありません。そのため、医師の診療が不要とされている治療しか行うことができません。骨折や捻挫なども、あくまで「応急処置」として対処しなくてはいけません。

医師の指導の元施術を行うのが理学療法士

理学療法士は、医師の指示を受けて施術を行います。また、病気などで衰えた基本動作や運動能力を、医学的アプローチで回復させるサポートも行うことができます。

柔道整復師とはどんなものか仕事内容を理解しよう

マッサージ

患者さんと二人三脚で頑張る仕事

非観血的療法と呼ばれる方法で治療を行う柔道整復師は、人間の回復力を利用しての治療を行います。そのため、長期なリハビリになることもありますが、患者さんを支えて二人三脚で行うことで、治療を促します。

女性

独立開業を目標にするのもいいこと

柔道整復師は、スポーツをする人だけでなく、日常生活でケガをした人の手助けを行うこともできます。そのため、整骨院などを開業することで、地域医療として貢献することもできます。

柔道整復師として独り立ちするまで

勉強

高校を卒業後大学か専門学校へ

柔道整復師になるためには、高校卒業資格とは別に、大学もしくは専門学校などの、柔道整復師としての専門知識を学ぶ事ができる学校へ入学する必要があります。

3年間を通して様々な知識や技術を

国家試験を受ける条件として、3年以上の勉強を行う必要があります。そのため、大学や3年制の専門学校で学ぶことで、知識や技術を学びながら受験資格を得ることができます。

卒業してから国家試験を受ける

柔道整復師の国家試験は年に一度行われます。また、実施される県が限られてくるため、自宅から近い試験会場を調べる必要があります。

資格を取得したら病院や診療所へ

試験に合格し、資格を取得する事で晴れて柔道整復師として認められます。資格を取得して、開業する事ができますが、やはり経験が必要になってきます。そのため、最初は大きな病院や診療所で仕事をしながら学ぶ必要があります。

経験を積んだら独立も可能

経験を積むことで独り立ちができると判断できれば、地元で開業する事も夢ではありません。スポーツ選手だけでなく、日常生活など作ったケガを助けることも、柔道整復師には可能です。

広告募集中